ホーム > 

スタッフブログ

2016年11月24日

大好評!シーアミューズプラン

ハウディー!

寒暖差が激しく風邪を引くんじゃないかといつもビクビクしながら

過ごしているよしりゅーです。


皆さんはこのブログを覚えていますでしょうか??
『大好評!シーアミューズプラン』の続きを読む   »

2016年11月23日

SC-30 納艇式!

みなさん、お久しぶりのよしりゅーです!

本日はSC-30の納艇式が行われました!!

SC-30.161123010.r.JPG
残念ながら生憎の強風のため盛大に納艇式が出来ず

オーナー様とそのご家族だけでやりました!!

SC-30.161123016.r.JPG
SC-30.161123036.r.JPG
SC-30.161123065.r.JPG
SC-30.161123083.r.JPG
SC-30.161123119.r.JPGSC-30.161123115.r.JPG
時期は寒いですが、オーナー様を含めまた新たな航海に

なることをスタッフ一同心より願っております。

2016年11月23日

GARMIN GPS魚群探知機の紹介

これから寒い季節になってきました。ボートフィッシュイングも夏の釣りから冬の釣りに移行していく狭間ではないでしょうか?

冬の釣りといえばメバル、ガシラなど根魚を対象とした釣りになっていきます。

そんな冬の寒い時期に海へボートで行き、1匹も釣れずに1日が終わってしまうといった経験はございませんか?

そこで今回は釣果がアップすること間違い無し!
GARMINの魚群探知機を根魚に的を絞ってご紹介します。

入門機としての1台としても大変好評をいただいており、買って満足していただけるオススメのセットです!!!

0000000000562.jpg
・echoMAP CHIRP 95sv
・echoMAP CHIRP 75sv



これに瀬戸内海仕様としてGT52HWの振動子、
3DソナーのPS30の組み合わせです。

1,サイドビューやクイックドローを用いて漁礁を探し出す
2,通常魚探とダウンビューで魚の居場所をさらに特定する
3,魚の居場所が特定できたら、3Dソナーを駆使して、釣っていくといった流れです



通常魚探の設定として水深を実際の水深の2倍にして、2次反射が見て底質を見極めながら、海底のズームアップ機能を使うことをオススメします。そうすれば根魚の付き場所がすぐにわかると思います。

また、GARMINの魚群探知機は同周波数の振動子を使っている船が近くにいた場合でも周波数の微調整ができますので干渉することもありませんので使用される際は一緒に活用していただけたらと思います。

~~~~~上記のセットで¥449000(税抜き)からご購入できます~~~~~~

寒い冬にせっかく釣りにでかけるのだから、最新機器等を活用してもっともっと楽しいフィッシュイングライフを楽しんでいただけるようヤマハ藤田が全力でサポートします!!

2016年11月19日

ヤマハ藤田チャンネル(仮)オフショット

みなさん こんにちは!
オークマリーナ店のゆっきーなです!

先日、スタッフの「よしりゅー」がブログにアップしていた記事のオフショットを公開しちゃいます!

こちらは2点アンカーリング撮影の様子
yf21.2016.6.27003.r.JPG2点のアンカーリングは最低3名は必要な、上級者向けの錨泊の仕方です。
これができれば、アンカーリングをマスターしたと言えるでしょう!

船の船首(前)と、船尾(後ろ)にアンカーを打ち、船を確実に泊めます
しっかりと固定できました!

『ヤマハ藤田チャンネル(仮)オフショット』の続きを読む   »

2016年11月19日

高齢による船舶免許の返納は可能か?

高齢ドライバーが起こした悲惨な交通事故の報道が相次いでいます。


自動車免許の自主返納を求める風潮が活発になりつつあります。

0adc5b2c2becf67e7ac91c2c19aa1e08_s.jpg

では、船舶免許での返納制度は存在するのでしょうか?


答えは「No」です。

船舶免許は、終身免許のため、「○○歳までに返納しなければならない」といった決まりはありません。


更新さえすれば、何歳までも、船舶免許を持ち続けることができます。

返納のタイミングは「船舶免許受有者本人が死亡した時」です。

その際は、国土交通省の登録原簿から、お名前を抹消する必要がありますので、
遺族の方は、お近くの運輸局等に問い合わせてみるとよいでしょう。


返納した船舶免許は、記念にもらう事もできるそうですよ!

ただし、窓口等ですぐに貰えるわけではなく、国土交通省に送付してからの還付、という手続になるので、手元に届くまでには、しばらく時間がかかりそうです。

免許更新.jpg


なお、船舶操縦士免許を失効している場合(有効期間満了日の1年前~満了日の間に更新しなかった時)、小型船舶に船長として乗船することができませんのでご注意ください。

失効してしまった時は失効・再交付手続きをすれば、船舶免許を復活できます!

更新・失効ともに、船舶免許の再交付には、「更新講習機関での講習を修了」する必要があります。


関西最大級の船舶免許教習所、ヤマハ藤田では、ボート免許の更新・失効再交付講習を実施しております。

ご自宅近くの会場での開催日程をご確認ください。


新しい船舶免許の受け取りには、講習日から10日ほどかかりますので、有効期間満了日から余裕のあるご予約がおすすめです。

スキューバダイビング.jpg


定年になってから、釣りやスキューバダイビング等のマリンレジャーのために、船舶免許を取得する方も少なくありません。

もう年だし・・と諦めずに、船舶免許の取得に励んではいかがでしょうか?

少人数の講習で、しっかり身に着くヤマハ藤田のボート免許教室は、
既に多くの合格者を輩出しており、ご高齢の方にもおすすめです!


▼ボート免許教室の詳細▼

2016年8月14日 
受講生 関

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
   免許センター
お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!
   0120-800-454
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△




2016年11月17日

年内最後の特殊講習実施

こんにちは!ボートライセンスのインストラクター、ゆっきーなです!

11月も中旬になり、日中でも上着を着ないと寒い日が増えてきましたが、
そんななか、去る11/13(日)、年内最後の特殊講習を開講しました!!

11月だというのに、ありがたいことにジェットを3艇フル稼働しなければならないほど、受講者がいらっしゃり、寒いながらもありがたい限りです!!

002_R.JPG
と、いうことで、特殊講習の試験風景をご紹介します。
『年内最後の特殊講習実施』の続きを読む   »

2016年11月13日

スタッフの休日part2.

こんにちは ゆっきーなです!

ますます寒さが増しておりますが、11月の休日、レジャーで海へ出てきましたよ~♪

私は釣り経験がなく、釣りの知識も竿もなにもないですが、ありがたいことに、当社の船のオーナーO様からスタッフ合計3名誘っていただき、私は2度目の釣りに同行させていただきました。
竿から餌からすべてO様が準備してくださり、どっちがお客様なのか状態です(笑)

さてこの日のターゲットはメジロ!(小さくともハマチ!)
オーク店近辺で、餌となるアジ・イワシを釣ってから大物を狙いに淡路周辺へ!

DSC_0816_R.JPG
写真の右側に見えるのは淡路島です。
そして写真奥に見えるのは明石海峡大橋!


粘りに粘ってスタッフの一人がやっと釣りあげました!!
『スタッフの休日part2.』の続きを読む   »

2016年11月10日

海での注意点

みなさんこんにちは!
免許課のゆっきーなです!

本日は、クルージングや遊びに行った際に発見した注意ポイント等をご紹介します。

まずはこちら
DSC_0776_R.JPG
ごくごく普通な風景写真ですが、ここに見えない危険が・・・

写真中央右側に大型船がいます。
航行中はこういった大型船にでくわすこともしばしば。
大型船は見た目以上にスピードが出ているため、大型船の前を通過しようとしても衝突してしまう恐れがあります。
写真の大型船はイカリを下していたため、動いてはいませんでしたが、大型船は特に
動いている(速さ) / 止まっている / 前方が見えている(向かってきている) / 後方が見えている(通り過ぎた後)
の判断が初心者はつきにくいので、十分に注意が必要です。

続いてはこちら

『海での注意点』の続きを読む   »

2016年11月10日

怒涛のREGALクルージング

ハウディー、みなさんこんにちは!

先日のブログ更新時に「ちょっと腰を痛めてしまった」

と書いたよしりゅーですが、

実はこのブログでなぜ腰を痛めてしまったのか・・・

その真相が明らかに!!!
『怒涛のREGALクルージング』の続きを読む   »

2016年11月 9日

東京オリンピックでボート(漕艇)の審判になるには?

2020年の東京オリンピック。

2016年の現在は、小池東京都知事の一声で、ボート・カヌー競技会場「海の森」競技場の見直しが進められています。


東京オリンピック開催.jpg

会場も勿論大事ですが、そこに競技者、公平な審判、スタッフ、観客が居て初めてオリンピックが成り立ちます。

 

せっかく日本の首都・東京で開催されるオリンピックですから、

選手だけでなく、審判として活躍する方が増えたらいいですね!


リオ・オリンピックでは、日本人の国際審判員246人の内、ボート競技からは9名が尽力されたそうです。


▼2016726日、スポーツ庁「スポーツ審判員に対する長官奨励」の授与式 の様子


オリンピックに出た日本人の審判たち.jpg

公益社団法人 日本ボート協会 事務局(C)2016 /引用:日本ボート協会

 

ロンドン・オリンピックでは、日本からボート競技では1名のみの参加だったそうなので、

2012年~2016年までの4年間でも、オリンピックに参加できるような審判員さんが増えていて、

喜ばしい限りです。


boat 審判艇の活躍1.jpg
 NHK(C)2016 /出典:RIO2016 オリンピック


では、どうしたら東京オリンピックの審判になれるのでしょうか?

まず大前提として・・・

オリンピックでは「国際審判員」が審判を務めます。

この国際審判資格を持っている事、がスタートラインです!

国際審判資格を持ったボート審判の中から、オリンピックの審判が選出されます。

 

国際審判資格は、スポーツ毎に認定している機関が異なります。

ボートの場合は、国際ボート連盟(FISA)です。


とはいえ、「国際審判員」は簡単になれるものではありません。

第一歩目として、日本ボート協会が定める公認審判員資格である「C級審判員試験」を合格し、4年程度の実務経験を積んだのち、「B級審判員資格」を取得すると、「国際審判員」取得への道が開かれます!


参考/東京都ボート協会


女子 ダブルスカル.jpg
 NHK(C)2016 /出典:RIO2016 オリンピック 



このB級審判員資格を取得できるまでに「4年」という事は・・正直、2016年時点で「C級審判員」でない方は2020年の東京オリンピック取得、は難しいかもしれませんね・・

 

ただし!公益社団法人日本ボート協会「公認審判員規定―平成25年改訂―

には、以下のような記載がありますので、もしかしたらワンチャンあるかも?ですよ。

 

"第8条 B級審判員の資格を取得するには次の基準による。

C級審判員として4ヶ年以上審判実務にたずさわり、且つ加盟協会長の推薦を受けて、日本協会審判委員会の行うB級審判員試験に合格すること。但し、C 級審判員として4ヶ年以上の審判実務を経過しなくても加盟協会長が推薦し、 且つ審判委員長の許可を得たものはB級審判員試験を受けることが出来る。"


boat 審判艇の活躍3.jpg
 NHK(C)2016 /出典:RIO2016 オリンピック 


最後に・・・

ボートの国際審判になるまでの工程をまとめると、こんな感じでしょうか?

公益社団法人日本ボート協会 公認審判員「C級審判員試験」 合格

(筆記 1時間/口頭試問 1時間)

4年程度の実務経験)

「B級審判員資格」取得

国際ボート連盟(FISA)公認の国際審判員 取得要件を満たす

(筆記試験/セミナーへの参加/国際審判員資格を持つ、国際審判員小委会の構成員からの推薦等) 

オリンピックの審判を打診され、了承する


ボートの国際審判員の筆記試験は、合格してから4年間有効だそうなので、

もし、東京オリンピックには間に合わずとも、次回の日本開催を目指して、気長に行きましょう!

 


こうした資格の他にも、審判艇に乗るなら、小型船舶免許(二級)も必要です。

合わせて取得しましょう。


練習中等に並航する、モータ―ボートに乗る機会があるのならば、モーターボートのサイズ・馬力によっては小型船舶免許が必要になります。


▼リオ・オリンピック スタート直後に競技用ボートを追いかける審判艇

boat 審判艇の活躍2.jpg
NHK(C)2016 /出典:RIO2016 オリンピック 


ヤマハ藤田の免許教室は、関西最大級!

関西だけでなく、この度、東京の渋谷にも教室ができるとか。

オリンピックを理由に、最初の1歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

≫≫2級小型船舶操縦士免許 取得コースはこちら



船舶免許の各コースや、日程に関するお問い合わせ・お申込みはこちら

以上、元ボート部の受講生がお送りしました!

2016年8月14日 
2級プレミアムコース 
受講生 関

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
   免許センター
お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!
   0120-800-454
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△




参考/ボート国際審判員を取得した先駆者たち


・九州地区では男女通じて初の快挙!2児の母 譜久山明子さん(島尻特別支援学校教諭)
加納菜美さん(宮城県登米市)

 

・ロンドン・オリンピックに日本から唯一選出!東乙比古さん(北海道)



< PREV  1 2 3 4 5  

プロフィール

ニックネーム:brizo marine staff

モーターボートを操縦してみたい!自由に海で釣りを楽しみたい! マリンスポーツに挑戦したい!などなど 海やボートを限りなく身近に楽しめる情報をお届けして行きます。
皆様にとって海と船とがより親しみのあるものとなることを願っております。
ヤマハ藤田の公式(オフィシャル)ブログページです。

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

このページのトップへ