ボート免許とは

ボート免許には、「1級小型船舶操縦士免許」「2級小型船舶操縦士免許」「特殊小型船舶操縦士免許」があります。1・2級小型船舶操縦士免許も同じ大きさのボートの操縦ができますが、操縦できる距離に違いがあります。水上ジェットを操縦できるのは、特殊小型船舶操縦士免許になります。自分のプレイフィールドやスタイルにマッチしたボート免許を選ぶことが重要です。

ボート免許の種類

特殊小型船舶操縦士
水上バイクを楽しみたい方はこちら!

特殊特殊小型船舶操縦士(ジェット免許)

水上オートバイ(ジェットスキー)を楽しむ為の専用免許です。
最短1日から免許取得ができます。

コース/料金ページはこちら

特殊 1Dayコース 59,800円(税込) 取得1日間
試験免除コース 74,800円(税込) 取得2日間
二級小型船舶操縦士
「海の普通免許」と呼ばれる最も一般的なボート免許で、海への入門免許です。

2級二級小型船舶操縦士

東京湾・外房・相模湾をはじめ全国一周の公開も可能です。
最短1日から免許取得できる最も人気の高い免許です。

コース/料金ページはこちら

1Dayコース 89,800円(税込) 取得1日間
試験免除コース 112,800円(税込) 取得2日間
1Dayコース 2級+特殊セット 140,000円(税込) 取得2日間
試験免除コース 2級+特殊セット 168,000円(税込) 取得3~4日間
1級ステップアップ (2級所持者対象) 44,000円円(税込) 取得2日間
スポーツフィッシングや外洋セーリング向け!
全ての水域で航行を楽しみたい方はこちら!

1級一級小型船舶操縦士

ボートで外洋に出航できる免許です。
伊豆諸島など外洋航海を目指す人におススメです。
4日で免許取得できます。

※【2級免許保有→1級免許への取得は、】学科1級受講のみ(実技試験免除)で可能。2日間の講習で1級免許取得できます。

コース/料金ページはこちら

試験免除コース 134,800円(税込) 取得4日間
試験免除コース 1級+特殊セット 193,000円(税込) 取得5〜6日間

航行区域

航行区域航行区域

受講カリキュラム

受講カリキュラム

各ボート免許の受験資格

年齢

ボート免許の国家試験(修了審査)が行なわれる前日までに、下記の年齢に達している必要があります。

1級 2級・特殊
17才9ヶ月以上
(免許交付は18才の誕生日以降)
15才9ヶ月以上
(免許交付は16才の誕生日以降)
※2級:18才までは5トン限定免許で交付されます。
視力

両眼共に0.5以上であること(矯正可)。
一眼の視力が、0.5未満の場合は、他眼の視野が左右150度以上であること。

色覚

夜間において船舶の灯火の色を識別できること。
上記基準に不合格となる場合でも、航路標識の彩色を識別できるときは航行時間を昼間に限定した免許を取得することが可能。

聴力

5メートル以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。
(補聴器可)ただし、話声語の弁別ができない場合であっても、5mの距離において70.5デシベルの汽笛音の弁別ができること。

疾病・身体機能の障害のある方へ

軽症で勤務に支障をきたさないと認められること。
ただし、身体機能の障害があった場合でも小型船舶の操縦に支障がないと認められる場合は、船舶の設備や航行の目的を限定したボート免許を取得することができます。

※プライベートコース受講の方のみ、医療機関にて事前に受診し「小型船舶操縦士身体検査証明書」をご用意ください

ボート免許の試験内容

学科試験
・ボート免許における学科試験の問題は4者択一式。問題数/1級64問、2級50問、特殊40問となります。
・合格の目安は約65%以上の正解が必要です。
・初心者でも理解しやすいオリジナル教材(テキスト、高頻度で出題される仮想問題集、動画を使った学科e-ラーニングなど) を使用し学習をお手伝いします。
実技試験
実技講習では実際にボートに乗り、操船技術や点検方法、ロープワークなどの講習をします。
身体検査
身体検査は、学科試験日に視力、聴力、簡単な運動機能の検査が行われます。

ボート免許の取得方法

小型船舶の免許を取得するのに法律で定められた2つの方法があります。
当ボート免許スクールではお客様のニーズに合わせて、どちらでも選択できるコースをご用意しております。

【1Dayコースとは】国家試験受験方式です。
小型船舶操縦士国家試験を受験するコースです。
試験は、身体検査、学科試験、実技試験です。
講習は当社が実施し、試験は一般財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会が実施します。
十分に高い確率で合格し、早く・安く取得できるので、多くの受講生の方々が1日で免許取得しています。
【試験免除コースとは】国家試験免除、修了審査方式
登録小型船舶教習所において、法律で規定の講習を受講した後、修了審査(国家試験と同等の内容)を受験するコースです。
国家試験を受験する必要はありませんが、同等の内容の修了審査(学科・実技)で合格しなければなりません。
万一審査に不合格になっても、補習と再審査があるので、時間と費用がかかっても免許は取得できます。

*登録小型船舶教習実施機関:東京ベイボートアカデミー㈱

よくあるご質問

まったくの初心者です。ボートや水上バイクは一度も操縦したことがなくても大丈夫ですか。
受講される方の大半は初心者の方で、操縦を経験したことがない方がほとんどです。
未経験の女性や10代の高校生、大学生の方が、ほとんど一回で合格されています。
合格審査基準は、学習科目の約7割程度が、合格の目安となります。
学科、実技ともに、とにかく意欲をもってしっかりと学習していただけば大丈夫かと思います。
「1Dayコース」と「国家試験免除コース」との違いはなんですか?

「1Dayコース」は、
当社独自のカリキュラムにより、わずか1日の短期集中で免許取得が可能なコースです。
午前中に実技講習、同日午後に試験(学科/実技)を行います。 合否判定は、国家試験の試験機関試験員により実施します。
短期集中学習で、覚え慣れた感覚で即日試験を受験できるので、最短1日の高い合格率で免許取得が可能です。

「国家試験免除コース」とは
国土交通省告示により定められた内容で、一定時間の教習を受けて頂いた後、修了審査を経て免許取得が可能なコースです。
修了審査は、国家試験に準じた内容で当社の資格審査員により実施され、これに合格すると国家試験免除となり、免許取得が可能になります。
1Dayコースの倍程度の教習時間と割増しの料金になりますが、お好きな日程にてマンツーマンレッスン教習できるなど、着実に時間をかけて学びたい方には向いています。

※現在、国家試験免除の学科試験問題は国家試験と同じものを使用しています。
※個人の能力に関わらず、一定時間・一定の内容の教習を受けていただきます。また一定時間で基準に達しなかった場合は補習講習、再審査を受けていただきます。
動画はどのような内容ですか?
専用テキストの解説の動画教材です。 学科講習分と実技講習の予習分(わかりやすいロープワーク講習付)の2種類があり、普段講師が説明している内容を動画でまとめています。ナレーション付き、アニメーション付きの動画で内容が理解しやすいように工夫されています。
テキストのページ番号が画面に表示されるので、テキストと照らし合わせながら学習でき、理解をより深めることが可能です。 再生時間は、以下の通りです。
学科講習分:▼ダイジェスト計60分 ▼スタンダード計210分
実技講習分:▼計30分
空き時間に活用するなら、セクションごとの再生がおすすめです。 もちろん、一度に連続再生することもできます。
高い合格率の秘密は何ですか?
船舶免許の合格には、2つの対策が必要です。 1つ目は筆記対策。当スクールでは過去の試験を徹底分析し、出題率の高い設問をまとめたオリジナルテキスト(問題集)を作成しています。
このテキストをeラーニングや学科講習で、しっかり学習すれば筆記対策は万全です。問題集からほぼ同様の問題が試験に出ます。
2つ目は実技試験対策。これは、頭では勿論、体で覚える必要があります。そのため、当スクールではベテラン講師による実技講習を実施しています。
実技講習は、講師1名に対し受講生2名迄の少人数で徹底レッスン。
親身なアドバイスで合格が近づきます。更に、八景島教室で開講しているプレミアムコースなら、実技講習のすぐ後に試験を実施するので高合格率!試験と同じ会場・艇種・走行コースで受講できます。
実技は難しいのですか?
車の免許を持っていない高校生や、女性の方でもほぼ一発で合格されています。
実技講習は少人数で受講できるため、講師から適切な指導を受けることが可能です。安心して、実技に臨んでいただけます。
試験問題の合格の目安は、何点くらいですか?
試験問題には3つのカテゴリがあります。
カテゴリのそれぞれで50%の正解と、トータルで65%の正解を目指しましょう。
出題率の高い設問をまとめた『小型船舶操縦士 一般科目問題集』をしっかり学習した上で、過去問題で力を試し、試験に備えましょう。合格がぐっと近づきます。
0345319777

受付時間 / 9:00~18:00(不定休)