ホーム > 

ボート免許教室 > 

免許の種類

ボート免許教室

  • HOME
  • ヤマハ藤田免許教室について
  • 免許の種類
  • 更新・失効
  • 卒業生の声
  • 日程表
  • 免許教室会場

免許の種類

  • 1級
  • 2級
  • 特殊小型
  • 特殊小型
航海図
初めての方へボート免許選びのアドバイス。
はじめてのボート免許取得選びはわからないことがいっぱい。ここでは、ボート免許を選ぶ際に大切な項目を比較形式でご案内いたします。小型船舶操縦士免許1級・2級・特殊免許選びの参考にご利用ください。
  • プレミアムコース プレミアムコース
  • レギュラーコース
  • セルフコース

1級小型船舶操縦士免許

詳細ページ

お問い合わせ・お申込み

2級小型船舶操縦士免許

詳細ページ

お問い合わせ・お申込み

特殊小型船舶操士免許

詳細ページ

お問い合わせ・お申込み

特殊小型船舶操士免許

詳細ページ

お問い合わせ・お申込み

料金には、講習料、テキスト代、国家試験料、身体検査料、申請料等免許証発行までの全ての費用が含まれています。【上記料金には以下の金額を含んでいます】 
■身体検査料(3,450円 ※病院で検査を受けた「身体検査証明書」を申請時に提出した場合の身体検査手数料は1,600円)
■学科試験料(1級:6,600円・2級:3,550円・特殊小型:2,900円)
■実技試験料(1級と2級:18,900円・特殊小型:16,400円)
■再受験申請料(不合格・キャンセルされた場合は、上記の受験料の他に3,200円)

年齢 1級…1級…17才9ヶ月以上
2級・特殊…15才9ヶ月以上 ※2級:18才までは5トン限定免許で交付されます。
視力 両眼共に0.5以上であること(矯正可)。
一眼の視力が0.5未満の場合は、他眼の視野が左右150度以上であること。
色覚 夜間において船舶の灯火の色を識別出来ること。
上記基準に不合格となる場合でも、航路標識の彩色を識別出来るときは
航行時間を昼間に限定した免許を取得することができます。
聴力 5メートル以上の距離で和声語の弁別が出来ること。(補聴器使用可)
疾病及び身体機能の
有無
小型船舶操縦者としての業務への支障がないこと。
障害があっても、その程度により受験可。
身体検査ご相談窓口 (財)日本海洋レジャー安全・振興協会

受講お申込の流れ

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!0120-800-454

お問合せ・お申し込みはこちら

ABOUT US
1級小型船舶操縦士免許
2級小型船舶操縦士免許
2級→1級ステップアップ
特殊小型船舶操縦士免許
受験資格
受験お申し込みの流れ
日程表
お問い合わせ・お申込み

REGALBOATS by YAMAHA FUJITA

USED BOAT STORE

中古ボート買取

瀬戸内海クルーズ&マリンライフ

海の見えるカフェ・マリカ

採用情報

中古ボートの買い取りについて

最大70%OFF

網干ボートパーク

REGAL BOAT

このページのトップへ